思い出エピソード 片付け&掃除

心の中で断捨離する。イヤな人間関係も怒りの感情も捨てたくなった

先日は義母の誕生日会でした。

家族で集まって、楽しい1日のはずだったのですが、夜えらいことになりました。

心の中でイヤな人間関係を断捨離したことについてお伝えします。

広告

侮辱的な言葉を浴びせられた

誕生日会が終わって、義母の家に戻りました。

夜テレビをみていると、次男兄がわたしの夫に向けた言葉が信じられないものでした。

内容は仕事について。

夫は1姉3男の末っ子。研究職を経て、大学に勤務しています。

次男兄は、いくつかビジネスをやり、ここ数年はレストラン経営が軌道にのっているようです。

ハイブランドを好んでいるので、小金持ちなんでしょう。

わたしのスペイン語では理解に限界がありましたが、嫌味嫉みとかではなく、暴言を吐いているのは分かりました。

あまりにもヒドイ言い方で、大きな声でしつこく何度も。

いったい何の因縁なのか?訳が分かりませんでした。

わたしだったら、胸ぐらつかんで、ボッコボコにしてやりたかった。

夫はよく理性を保てたもんです。

現実には、ぶん殴れないので、心の中でけちょんけちょんにしてやりました。

夫の仕事を1ミリも見たこともない人に、無責任だとかバカにされるなんて信じられない出来事でした。

義母が間に入って、「いい加減にしなさい」、「近所に聞こえるから静かにして」と何度も言って可哀そうでした。

心の中で断捨離します

夫はというと、「兄弟は選べないけれど、関わらないことはできる」と言っています。

この人はできている人だなと思いました。

相手にしても意味がない、もう関わりたくない!

わたしも同じです。

ふつふつ湧いていた怒りをぶつけたくなったし、わたしは自分が反論できなかったことが悔しかったです。

でも、この件で、心の中で人間関係を断捨離すればいいと分かりました。

縁を切れるもんなら切ってしまいたいけれど、そうはいかないので、感情ごと捨ててしまいたい、捨てよう!と思うと少し落ち着きました。

おわりに

イヤな感情は、捨てたいし、忘れたいですね。

忘れようとすればするほど、もっと思い出してくるんですね。

でも、捨てる!捨てたほうがいいんです。

感情のジェットコースターに振り回されて、わたしの時間がもったいない

皮肉にもいきなり降りかかった事態から、心の中でイヤな人と感情を断捨離をして、リセットしたい。

そして人生をもっと大切にしたいと思います!

 

ブログ村のランキング、ぽちっとお願いします(無料です)。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

-思い出エピソード, 片付け&掃除