くらし ノルウェーの暮らし

ドイツBeurer社のデイライトセラピーランプを使っているので紹介します


暗くて長いノルウェーの冬。

冬は日照不足になり、気分が落ち込みやすく、メンタルヘルスへの影響があります。

規則正しい生活を送り、運動をするは基本ですが、現地ではライトセラピー(光療法)も使います。

デイライトセラビーランプを購入したので使い方を紹介します。

広告

ドイツBeurer社のデイライトセラピーランプのレビュー

デイライトセラピーランプを使っているので紹介します
写真はHPより

毎日光を浴びるようにして冬季うつ対策をとっています

Beurer TL 30 daylight theraphy lamp

ドイツのテストマガジンで「とても良い」と高評価。

見た目はタブレットみたいです。

操作は簡単、スイッチのON/OFFのみ。

デイライトセラピーランプを使っているので紹介します
ライトON
デイライトセラピーランプを使っているので紹介します
ライトOFF

私はパソコン作業をしている時に横でつけています。

直接当てると10分ぐらいでいいのですが、眩しいので、横に30分ぐらい置いています。

ライトの準備は早めに

1月にトロムソに引っ越した時は、すでにライトは完売していました。

もし気になる方は、早めに準備するのがいいと思います。

デイライトセラピーランプを使っているので紹介します
パッケージ


10月末に購入しました。

値段は、599kr、日本円で7200円(2019年11月)。

冬季うつと光について

冬季うつの症状としては、眠気、だるさ、気分の落ち込みなどがあります。

Nikkei Styleより冬季の日照時間と光環境について分かりやすい記事を紹介します。

>>「もっと光を!」冬の日照不足とうつの深い関係

 

生活する分には室内の照明だけでも支障はないが、非視覚作用には不十分になるため、脳では光を浴びてない状態になる。

>>冬季うつ、光はいつ浴びるかより「浴びた量」が大事

 

浴びた量が重要。

一万ルクスの高照度光を1時間程度、浴びると効果がある。

>>冬になると気分が落ち込む 女性に多い「冬季うつ」

 

トリプトファンが含まれる食材、豆類、肉類、チーズ、かぼちゃ、バナナが効く

おわりに

セラピーライトで長い冬を乗り越えたい!

規則正しい生活と運動を心掛けて、極夜を過ごしていこうと思います。

 

ブログ村のランキング、ぽちっとお願いします(無料です)。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

-くらし, ノルウェーの暮らし