広告 ギア

40LバックパックならカリマーTribute40【オスプレイ比較あり】

https://manasanpo.com

カリマートリビュート40Lのバックパックを使っています。

ハイキングはもちろん、一人旅でバックパック1つで出かけるときにもぴったり

わたしは通勤にも使っています。

カリマーの特徴をまとめると、

  • 収納コンパートメントが大きい
  • PCホルダーがある
  • 小物入れやポケット、サイドポケットがある
  • レインカバー付き

実用的で、使いやすいように工夫されていると実感できるバックパックです。

では、カリマートリビュート40のバックパックを使ってみた感想、おすすめのポイントを紹介します。

広告

リビュート40おすすめポイント3つ

実際に使ってみて、良いと思うところは、

  1. コンパートメントが、がばっと開く
  2. 大きめPCホルダー付き(19インチまで収納可)
  3. 容量が40L、必要な荷物を持ち込める

では、ポイントを詳しくみていきましょう。

1.コンパートメントが、がばっと開く

Tribute40
がばっと開く

メインの荷物を入れる層が、このようにがばっと開くことができ、荷物をつめるときに便利です。

カメラバッグもそのまま入ります。

中が蛍光色なので見やすいです。

2.PCホルダー付き(19インチまで収納可)

Tribute40
PC収納は背中のほう

背面には、PCホルダーにパソコンを収納できます。

パソコンのサイズは19インチまで入る大きさです。

PCホルダーはプロテクションがついており、取り出しやすく、便利です。

写真の上のほうは(少し分かりにくいですが)、小物を収納できるポケットもあるので、小物類や貴重品を入れています。

私の使っているパソコンは15.6インチ。

この大きさが入るPCホルダーが買うときの決め手のひとつになりました。

3.容量が40L、必要な荷物を持ち込める

容量が40Lなので、飛行機に乗るときも便利です。

この大きさなら機内持ち込みにもできます。

バックパック1個だったら、預け荷物はいらず空港で荷物が出てくるのも待つ必要がなく、行動がスムーズです。

トリビュート40を機内持ち込みバックで旅行したときの記事です↓

あわせて読みたい

その他の良いところ

その他には、細かいものを収納するポケットやオーガナイザーが所々についている点もよいです。

Tribute40
オーガナイザー

さっと取り出せるように、ハイキング時には、オーガナイザーに救急セットを入れています。

両サイドにポケットも付いており、ペットボトルも入ります。

わたしはティッシュや日焼け止めを入れています。

Tribute40
レインカバー装着

レインカバー付きなので、急な雨にも対応できます。

トリビュート40の着画

Tribute40
カリマーのトリビュート40

身長168㎝のわたしが背負うとこんな感じです。

大きすぎず、ちょうどいい大きさだと思います。

荷物が少ないときは、横のベルトを絞ればスリムになります。

縦走やテント泊用ではなく、日帰り登山、低山ハイク向きのリュックです。

トリビュート40のマイナスポイント

Tribute40
背面

トリビュート40のマイナスポイントをあげるとすれば、背面とウエストベルト

まず背面から。写真のように、背中のクッションつきですが、本格的な登山ザックと比べると通気性は落ちます。

背中の汗が気になる人は、エアーメッシュパネルをあとづけするか、最初から登山用ザックをチョイスするほうがいいと思います。

わたしは自己責任で、洗濯機の手洗いコースでたまに洗っています。

Tribute40
ウエストベルト

次に、ウエストベルト。

登山ザックを使ったことがある人だと、ちょっと弱いなと思われるところです。

でもまぁ、山専用ではないし、街中でも使えるデザインにもなっているので、この太さなんだと思います。

しっかり固定するには弱いけれど、使えないことはないです。

私のように日帰りハイクや低山登山では大丈夫です。(しっかり固定するには、オスプレイのほうが◎こちらは後述します)

ウエストベルトを見せたくない場合は、ポケットに収納して隠すこともできます。

オスプレイと比較してみたら

わたしは、オスプレイのトラベルシリーズを10年以上愛用いるオスプレイのファンです。

購入するときに迷いました。

フェアポイント40にするか、トリビュート40にするか。

オスプレイもいいんですよね~

オスプレイ
Waypointのウエストベルト

さて、肝心のウエストベルトです。

写真のバックパックは、オスプレイWaypointです。(FairPoint、WayPointシリーズの名前が似ています・・)

ウエストベルトはオスプレイの方に、軍配が上がります。

安定してしっかりホールド感がある。

実はこちらのほうがハイキングにはいいです。背中の通気性もあり

オスプレイのFairpoint40スペックまとめ

オスプレイのフェアポイント40の基本スペック です。比較や参考にどうぞ。

  • 重さ1.44キロ
  • 前方にPC収納ホルダー付き
  • ファスナーがロックできる
  • 肩ベルトとウエストベルトは背面カバーで収納可

オスプレイのフェアポイントも2万円前後で、トリビュートとほぼ同じ価格帯です。

どちらがいいかは、好みですね。

リビュート40のスペックまとめ

Tribute40
ハイキングのお供に

トリビュート40の基本スペックです。

  • 重さ:1.23キロ
  • 背中側にPCホルダー付き
  • ファスナーのロックができる
  • ウエストベルトは収納できる
  • レインカバー付き

お値段は2万円前後です。

私は、好日山荘で購入しました。カリマー トリビュート40|好日山荘GsMallでみる

Amazon、楽天、アウトドアショップに取り扱いがあるので、お好みのショップで値段を確認してみてください。

どんな人におすすめ?

カリマートリビュートは、こんな人におすすめです。

  • ビジネスや旅で使えるバックパックを探してる
  • 通学、通勤や出張、旅行と幅広いシーンで使えるバックパックが欲しい
  • デザインはシンプルで、PC収納ができ、ポケット付きがよい
  • リュック1つで身軽に動けるバックパックが欲しい

おわりに

オスプレイ好きのわたしが、今回カリマーを選んだわけは、スッキリした見た目で、普段使いにも使えるデザインが気に入ったからです。

以上、カリマーTribute40のレビュー、おすすめポイントとマイナスポイントの解説、オスプレイとの比較を紹介しました。

参考になればうれしいです。

created by Rinker
¥26,400 (2024/02/26 16:20:39時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

☆当サイトは広告を含みます☆

 

ブログ村のランキング、ぽちっとお願いします(無料です)。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村

-ギア
-