仕事探し 読書

就活の近状報告と「人生は、もっと、自分で決めていい」の感想。ぼんやりしてられない!

ここ最近の就活の近状報告と、とても励まされた本「 人生は、もっと、自分で 」を紹介します。

まず職探しは、ここ数か月も手ごたえなく、12月に入りました。

ノルウェーはコネ社会だからと言い訳をして(コネ社会はほんと)、うまくいかない理由を並べてしまう。

浮いたり沈んだりする気持ちだったのが、「人生は、もっと、自分で決めていい」のシンシアさんの言葉に背中を押してもらったようで、自分で舵をとるぞ!という気持ちに変わりました。

需要のある求人に応募したら、面接に進めました!

では、就活と本の感想をお伝えします。

広告

最近の就活状況

職探しは、夏休みが終わってから再開しました。

9月から11月までの3か月の間に40件以上は応募しました。

でも面接にも呼ばれない。これが現実。

応募以外には、仕事を探しています!と履歴書を持っていきました。近所のカフェ、パン屋さんや小売店5件ほど回ってみたり。

応募したなかで、実際に面接があったのは1度だけ

リクルート会社からで、2つの仕事(短期と長期)の面接を受けました。結果は採用されなかったけど。

NAV(ノルウェーのハローワーク)では求職者の登録ができます。仕事の話は向こうからはやってないので自分で探します。

ノルウェーで職探し。NAVで求職者の登録をしました

「人生は、もっと、自分で決めていい」を読んで

そんなタイミングで読み始めた本にとても勇気づけられました!

「人生は、もっと、自分で決めていい」薄井シンシア著書

created by Rinker
¥1,650 (2022/11/26 13:48:22時点 楽天市場調べ-詳細)

専業主婦から子育てが終わり、仕事に復帰したシンシアさん。キャリアスタートは47歳。

海外駐在と仕事の経験があったが、日本では門前払いをくらいながら、再就職。その後コロナで失業するもスーパーのレジ係をしながら転職、現在はホテル社長に。

本をめくった最初から、すごい!

シンシアさん、まずこう言います。

ワークライフバランスは一生の中でトータルで考えればいい

ワークとライフを両立する、そんな器用なことはできない!と自分の限界を知ったというシンシアさんは専業主婦を選びます。

私もライフワークバランスなんて全然とれない💦

でも人生トータルでワークとライフのバランスをとっていく、と考えたら今までの自分が否定されてない感じがしました。

やっぱり心の中では、仕事=キャリアがない自分に引け目を感じてる。

大学院まで出してもらったのにとか、働けるのにチャンスがあるのに自分にはそのチャンスがないとか。

そして年齢(アラフォー)も。ないない尽くしで考えてしまってます。

自分の市場価値を考える

じゃぁ今の自分に何ができる?

今は選べるほどの選択肢がないので、チャンスがあればまずつかみたい!私にとっては、仕事を始めることがファーストステップです。

スタートダッシュを切って、経験を積みたい

弱みや限界を分かって、自分の市場価値を知る

何ができるか考えて、考え抜いて、選ぶことが大事と著者はいいます。

選ぶことは他の選択肢を捨てることでもある。

考えても、どうしようかなと選択肢をいつまでも持っているだけは、ただのゴミ(うわぁ!分かりやすい)。

選択肢を捨てる

思い込み、引け目、過去、経歴、あのときこうしていれば・・・なにかモヤモヤしたものがありました

モノは片づけてきたと思っていたけれど、心の中には手放してないものがたくさんある!ハッと気づきます。

そうか~できないとか、あれがないこれがないという考え。プライドもあるのに、不安もあるとか。だいぶ執着してる汗

シンシアさんの言葉が刺さり、すぐ動いてみました。

「今需要がある仕事は?」と、求人をみて応募してみました。

集団面接と個人面接を受ける

求人が3件あったので、3件とも応募しました。

2件は直接契約、1件は派遣会社からの契約です。

応募した翌日、派遣会社から面接に呼ばれました。

私を含めて6名。ジーンズにセーターというラフな格好でした。説明のあと、集団面接があり意見交換。私もひと言しゃべりました。

続いて個人面接。私のノルウェー語でも通じたようで⁉前向きな返事をもらいました。

最終的には、前職の上司(referense)に連絡してから合否が決まります。

応募から面接もすぐだったので、一気にすすんでビックリ。

おわりに

引け目を感じたり、言い訳したり、どうしようかなと握っていたゴミも、どんどん手放そう!こんな思考はもう捨てたい。

海外に住んで主婦をやってきたこと、ブログも私のキャリアです。

今からはキャリアを土台にしてワークのバランスも取りに行こう。

挑戦していけば、きっと次につながる。そう思います。

「始発電車に乗り遅れても、特急に乗れなくても、いつか乗り換えれる」シンシアさんの言葉が心強い。

ぼんやりしてられない!

今日は必要な書類などを提出しました。呼ばれるまでは~ドキドキ。

また、ブログやTwitterで報告します!

created by Rinker
¥1,650 (2022/11/26 13:48:22時点 楽天市場調べ-詳細)

 

ブログ村のランキング、ぽちっとお願いします(無料です)。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

-仕事探し, 読書