くらし

冬の凍結!スリップ対策に靴の滑り止めは必須です【アイススパイク・グリッパー3選】

冬は道が凍結していることがあるので、靴の滑り止めは必須です。

ノルウェーでも気温がぐっと下がり、道が凍結している日が多くなってきました。

凍結していることに気づかずに、歩いて転倒しそうになり、ヒヤっとする場面も💦

ノルウェーでは、10月は夏タイヤから冬タイヤに交換する時期でもあります。

靴の滑り止めも一緒に準備しましょう!特にトロムソは坂道が多いので、マストアイテムです。

凍結道で転倒しないための滑り止めアイススパイクを紹介します。

広告

チェーンタイプのアイススパイクsnowline CITY

Snowline CITYのアイススパイク

いろいろなタイプを使ってみて、一番のおすすめのアイススパイクは、こちらのようにチェーン式になっているものです。私が使っているのはsnowline CITY。

snowlineのハイキング用のアイゼンを購入してとても良かったので、今回は街用を買ってみました。

おお、軽くて、コンパクト‼ 大きさが違います。

Snowlineのアイススパイクを使っています
スパイクを収納した場合で大きさを比較
この歯が何とも、よさそう~

装着は簡単。つま先にゴムを引っ張け、かかとでとめるだけ。

こちらのタイプは、実際にトロムソ現地の方に人気で、装着している人をよく見ます。

値段は299kr(スポーツ店のxxlで購入)。日本円で3400円です。

私はMサイズを購入。ラスト1でした。ノルウェーでは、在庫が切れると、いつ入荷するか分からないし、もしくは入荷なしもありえるので、早めに準備しておくといいですよ

ピンタイプのアイススパイク

ピンタイプのアイススパイク

ピンタイプになっているアイススパイク、よく見る形ですね。

スポーツ店、アウトレット、市内の靴屋さんや、コンビニやお土産屋さんでも売っています。

どこにでも売っているし、値段は1000~2000円前後お手頃価格です。

観光や短期間の使用するなら、こちらをおすすめします。

装着は同じく簡単。つま先にひっかけて、かかとでとめる。

注意点は、歩いていると、脱げることがあります!雪の上を歩いているときは外れたことに気づかかないこともよくあります。道に片足だけ、落ちていたり、ピンが取れたり、ゴムが切れることもたまにあります。

トロムソでは使用頻度が高いため、こちらのタイプはシーズン後半で壊れます💦

Yaktraxのアイススパイク

Yaktraxのアイススパイクはベルト付き

Yaktrax Proのアイススパイクは、ワイヤーがぐるぐる巻いてあるタイプ。

装着しやすく、ベルクロがついているので、途中で脱げる心配がありません

グリップ力もしっかりしています。歩きやすいです。

たたむと少し大きいので持ち運びには、ちょっとかさばります。

値段は349kr. 日本円で4000円です。

おわりに

冬の凍結した道で安全に歩くために必要な、アイススパイクを紹介しました。

装着していても滑ることはあります。でも、付けているのと、付けないのは全然違います

凍結した道は、アイススパイクを装着して、安心・快適に歩きましょう!

 

ブログ村のランキング、ぽちっとお願いします(無料です)。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

-くらし