旅行記 車中泊

フランスで車中泊!今回の体験談、高速道路とトイレ事情

車中泊

今回は、フランスで車中泊をしたお話です。

記事後半では、高速道路の注意点とトイレ情報についてもお伝えします。

広告

フランスで車中泊

ノルウェーから車で夫の実家があるスペインに行きました(記事をまだお読みでない方は、読んでみてください)。

フランスでは、車中泊をしました。

場所は、高速道路のサービスエリア(SA)の駐車場です。

SAの駐車場は、トラック用と普通車用に分かれており、とても広いです。

夜間は、仮眠している人、休憩している人がいます。

今回は冬でしたので、普通車用で車中泊している人は少ない印象でした。

2016年の夏に車中泊した際は、バカンス時でけっこう車中泊をする人は多かったです。

車の上にベッドマットレスを乗せて移動する強者もいました。

ちょっと怖かった車中泊の体験談

今回は、ちょっと怖かった体験があります。

私たちは、駐車場出口すぐ横にあった駐車スペースを選びました。

出口なので、車が通る音は聞こえます。でも、トイレやレストランからは離れていたので、隣に来る人はいないだろうと思ったのでした。(これが裏目に出たのかもしれません)

車中泊用のシェード

窓にシェードを貼って、車中泊を準備。

しばらく寛いでいたら、なんか人の気配を感じます・・話し声も聞こえ始めました。

車の周りをぐるぐる回っているような感じがしたので、シェードをそっとめくって外を見たら、目の前に人が立っていた!

思わず「ギャー!」と声が出ました汗

車の後ろで、しかも高速道路の出口側です。一体何をしていたの?

結局、その人は立ち去りましたが、車を物色していたのかもと思うと、怖くて寝れませんでした(-_-;)

フランスの高速道路

フランスは、危険なドライバーがいっぱいです。

注意すれば大丈夫ですが、いきなりだとビックリします。

フランスの高速道路の特徴を3つ。

  • 危険な運転が多い
  • 追い越すときにウインカーを出しながら追い越す
  • 照明がなくて夜は真っ暗

わざわざ追い越しをして、出口に行く人が多いです。

場合によっては、後方車は減速が必須

追い越しされ出口に出ていくので、一瞬こちらは「え?」となりブレーキです。

追い越しをしなくても、スムーズに出口に出れるのに、なぜ追い越すのか?分かりません。

だんだん慣れてきますが、こういう運転がよくあるので、注意が必要です。

フランスの高速道路は有料です。

全部ではなく、区間ごとによって有料のところがあります

3€だったり、18€だったり、場所や距離によって料金も異なります。

現金またはクレカが使えます。(タッチ&ゴーができるクレカが便利です)

さて、良いところもあります

フランスの高速道路サービスエリアは、トイレが無料です!

キレイなところが多かったです。

でも、便座がないトイレがほとんどで、お尻を浮かしてしますw

高速には照明がないので、夜間は真っ暗です。

車のライトだけでの運転になるので、対向車のヘッドライトが眩しく、看板もちょっと見にくいです。

運転手の夫は、夜運転すると「目が疲れる」とよく言っていました。

おわりに

以前(夏)、フランスで車中泊したときは何事もなかったので、心配はありませんでした。

ですが、今回のようにちょっと不信なことがあると、また何かあるかもと、余計に敏感になってしまいました。

フランスの高速道路沿いには、チェーンホテルがたくさんあるので、安く泊まることもできます。

ドイツで車中泊↓

あわせて読みたい

行きのコスト↓

あわせて読みたい

帰りのコスト↓

あわせて読みたい

 

ブログ村のランキング、ぽちっとお願いします(無料です)。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

-旅行記, 車中泊