ノルウェーの暮らし

ノルウェーから日本への入国準備と検査!事前準備のほうが気が重かったけどスムーズにいきました【体験談】

日本に戻ってからというもの、あっという間に1日が過ぎていきます~

時差ボケもまだありますが、やりたいことをして、美味しものを食べて、会いたい人に会っていきたいです。

では、今回の記事では、ノルウェーから日本の入国準備と検査について記録したいと思います。

準備しているときは、「本当にこれで大丈夫??」と、不安で気が遠くなりました。

ブログやTwitterの情報では、とにかく酷評されていた日本でのコロナ検査だったので尚更に。

でも、実際に到着してから検査はスムーズに終えることができました。ほっ♪

私の体験談をお伝えします。

(ここで書いているのは、2022年4月17日出発時点の内容です。各自、最新情報を確認してくださいね)

広告

1. ノルウェー出発

まず、PCR検査です。

陰性証明をもらい、日本政府指定の書類が必要です。

この日本政府指定のフォーマットがやや難題。サインや印も必要なので、記入してもらえるとか、もらえない人もいたとか‥

こればかりは、病院に行ってみないと分からない汗

私の場合は、イースターの連休中に出発だったので、近くの病院はお休み。

そのため、オスロで検査するしか方法がなく、出発当日の朝の便でオスロ入り。

空港内にあるDr. DropinでEkpressPCR検査を受けました。

3万6000円でございます(2500kr)Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

お値段のかいあって、受付から、検査結果が出るまで45分と大変スピーディーでした。

予約のときは3時間かかると書いてあったので、余裕をみて来ていました。

早めに結果をもらったので、航空会社のチェックイン開始にも十分時間があって、MySOSのアプリに必要な情報を入れて準備しました。

チェックインのときには必要書類やワクチン証明をまとめて確認。

無事に第一ステップクリアです。

2. 機内では

機内では、マスク着用がルールです。

ですがノルウェーからの出発便は、半数ぐらいはノーマスク。

客室乗務員が「マスクしてください」と注意しても、ガン無視💢ひどいなぁと思いました。

私の前後の席の方もマスクなし。

日本に着いてから検査がある私はヒヤヒヤしました。

成田行きの便に乗り換えてからは、周りのみなさんマスクはちゃんと着用。

大きな声でおしゃべりする方もなく、とても静かでした。

日本に行く便は全員検査が必要なので、思うことは同じですね。あぁ、よかったと胸をなでおろしました。

3. 日本に到着してから

到着してから、順にチェックポイントで応対。

本当にたくさんのスタッフの方々が働いておられます。

書類やアプリの内容を確認して、最後に抗原検査を受けました。

結果が出るまでしばらく待機します。

結果が出たら自分の番号が放送されるので、ちゃんと聞いておかないといけません。

30分ぐらい待ったところで呼ばれ、無事に陰性。

第二ステップクリア!

実は、ここまでの検査にそうとう時間がかかると聞いていました。

私の周りでは、6時間かかったとか、7時間かかったという人も。

成田空港HPでも夕方到着の場合は、5時間が目安と書いてあったので、5時間以上を想定していました。

2時間で終わったので、運が良かったのかもしれません。

このあとで、入国検査に続きます。

いつ終わるかコロナ検査がどうなるか分からなかったので、ホテルは予約はしていませんでした。

入国が終わってから、ホテルを予約しました。

ネットでするより電話するほうが(システム上)早いとフロントで教えてもらいました。

夕方6時に到着して、夜9時にはホテルに行けたので、ばんざい!

到着してから24時間以内に自宅に移動しないといけません。

日曜に出発して、月曜に日本到着。火曜に自宅に戻りました。

おわりに

ノルウェーから日本への入国について体験談をまとめました。

日本以外には、スペインに行きましたが、デジタル化になっていてQRコードを使って、タッチ&ゴー。

日本は、各ポイントで応対しているところが、日本らしいといえば日本らしいところだと感じます。

あの人数を取りまとめているのは、ほんとうに圧巻です。

無事にすんでよかったです。以上、長旅お疲れさまでした♪

 

ブログ村のランキング、ぽちっとお願いします(無料です)。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

-ノルウェーの暮らし