旅行記

ベルギー・ゲントの週末レストランと納得いかなかったホテル

ベルギーおよびオランダも、外食はお高いです。

だいたいノルウェーと同じぐらいの値段だと感じました。

ノルウェーのいいところは、日本と同じく水が無料です。それに比べて、ベルギーもオランダも毎回水代かかります

水だからと侮れず、ほとんどジュースやビールと同じ値段で、お酒好きの方はビールのほうがいいかもしれませんね。

では、ゲントの外食とホテルの宿泊についてお伝えします。

広告

週末はレストラン予約でいっぱい

昼過ぎだったこともあり、私たち以外にお客さんはいません。

サラダを注文し、すぐに料理が出てくると思いきや、1時間かかりました

その1時間あれば、観光できたと後悔しながら待つと・・

レンズ豆のサラダ
レトロなお皿で出てきた

すごいレトロなお皿です。

ツナサラダ
ツナ缶サラダ
  • 豆サラダ11€(1600円)
  • ツナサラダ10€(1450円)
  • パン2€(300円)
  • 飲み物5€(700円)

お昼はこれで計4000円になりました。

夜は7時ごろレストランに行くと、週末でどこも予約でいっぱいと断れました。

最後にダメ元で入ったイタリアンレストランPANE&VINOは、通してもらえました。

ボンゴレスパゲッティ
大盛りのボンゴレスパゲッティ

ボンゴレは、ちょっと塩がききすぎていたけど、アサリの出汁とガーリックがマッチして美味しかったです。

大盛だったけど、全部食べました。

間違えたピザ

夫が頼んだビザは、実は4つのチーズピザだったのですが、4つの具材ピザになっていました汗(そのまま食べてました)

パンとオリーブつき
パンとオリーブつき

PANE&VINO(グーグルマップに飛びます)

お店の雰囲気も良かったです。

  • スパゲッティ24€(3500円)
  • ピザ17€(2500円)
  • 水5€(730円)
  • ビール小3€(430円)

ゲントに週末に行く方は、レストランを予約するか、PANE&VINOがおすすめです!

駅近ホテルは、清掃・タオル交換なし

今回の旅行では、駅から近くて、清潔感がありそうなホテルを予約しました。

スタバの看板もアニフェス

ちょうどゲントに行った週末は、アニメフェスが行われていたらしく、コスプレしている人で溢れていました。

アニオタは世界共通ですね。

そのため、ホテルの空室があれよあれよという間にうまっていきました。

Astoria hotel Gent
Astoria hotel

わたしが予約したのは、Astoria hotelです。

2泊で258€でした(1泊は18800円)。

素泊まりの値段です。

朝食は、別途16€(一人分2300円)で、必要か?と何度か聞かれましたが、高いと思って朝食はつけませんでした。

駅前にスーパーがあり、パンや果物を調達できたから。

わたしの部屋は受付のすぐ上で、ホテルを出入りするたびドアの音がダイレクトに聞こえました。

さらに、階段の横だったので、足音も聞こえました。仕方ない。

部屋はこじんまりとして、清潔感がありました。

ベッドシーツの下に防水シーツが敷いてあり、背中がごわごわして寝心地は悪かったです。

シャワーはドアがないので水が漏れてビショビショになる

驚いたのは、2泊したのですが、清掃やタオル交換はありませんでした

掃除し忘れか?と思い、受付に新しいタオルをもらいにいくと、清掃とタオル交換は48時間後だと言われました💦

何も書いてなかったし、2泊分の宿泊料を払っているのになぜ?と不思議でならなかったです。

ホステルなら分かるけど一応ホテルだし。

おわりに

旅先では、レストランもホテルも当たり外れがありますね。

清掃なしタオル交換なしは、変な感じがして、何か納得いきませんでした。

次はブルージュの観光について書く予定です!

ゲントの観光はこちらの記事をお読みください↓

 

ブログ村のランキング、ぽちっとお願いします(無料です)。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

-旅行記