ギア&ウェア&シューズ

スウェーデンHESTRA(ヘストラ)の手袋はマイナス10度の防寒!

https://manasanpo.com

冬は-5~10度になるので、指先が冷たく、凍りそう!

防寒用に最強な手袋は、HESTRA(ヘストラ)の手袋です。

・防寒にはミトンがよい
・高品質で丈夫なブランド

冬になると、ヘストラの手袋の出番です。

普段使いから、スキーやウインタースポーツにも使えるヘストラのミトン手袋を紹介します。

広告

ヘストラ Kebnekaise Mountain ミトン

Hestra クラシックデザインのミトン

一番クラシックなデザインになります。

写真はちょっとクリーム色になっていますが、実際には、レザーは白です。

レザーと丈夫なナイロン生地を組み合わせてあります。

サイズ7を使用。値段は、9000円ぐらいでした。2019年購入、750kr。

取り出せます

中のライナーはウールです。

気温がマイナスになったら、このミトンを普段使いにし、スキーやスノーシューをするときにも使います。

レザー部分は、レザー用バームを塗って、ときどきお手入れが必要です。

汚れたら、タオルに中性洗剤を少しつけて、ふき取ります。

ヘストラは、1936年から続くスウェーデン生まれの手袋専門メーカー。

ファッション、ビジネスから普段用、スポーツ、アウトドア、プロ用まで幅広い種類の手袋を展開しています。

▼ヘストラ公式動画、よかったらご覧ください。
手袋の宣伝というより、北欧の自然ライフスタイルが伝わってきて、面白いです。動画は3分です。

HESTRA(ヘストラ)日本語サイト

ヘストラ Fjellvotten ミトン

Fjellvotten

こちらは、シェルグローブ。先ほどのミトンと似ていますが、レザーはなし。防寒の点では、少し劣ります。

通気性のある防水・防風素材が使われています。

サイズ8を使用。値段は約8000円。2019年購入、700kr。

両方のミトンで共通しているのは、インナーミトンとハンドカフです。

インナーミトン

インナーミトンは、ウール素材です。

取り外して、洗えます。

フリース素材、ウール、5本指など、インナーを変えて、カスタマイズもできます。

ハンドカフ(手首にはめるストラップ)

ヘストラの手袋の便利なところは、ハンドカフをつけられることです。

写真を撮ったりするときは、手袋を素早く、はずしたり、はめたりできます。

両手が使えるので、便利です。

ストラップがあるので、手袋を落としたり、片方だけなくすことはありません!

単体でも買えます。

暖かいのはどっち?


Kebnekaise Mountain ミトンのほうです。

手先と手のひらにレザーがあるので、防寒はやや高めになっています。

夜間やオーロラ鑑賞のときは、ミトンをしても、動かないでじっとしているので寒くなります。

その際は、ミトンの中に、さらにメリノウールのベーシックレイヤー用の手袋をはめる、ホッカイロを握るなどして防寒します。

おわりに

北欧のヘストラの手袋。アウトドアからプロスポーツ、カジュアルからビジネス用と多種多様です。

今回は、2種類のミトンを紹介しました。



 

ブログ村のランキング、ぽちっとお願いします(無料です)。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

-ギア&ウェア&シューズ
-