くらし ギア

おしゃれで丈夫なハイドロフラスク12oz(354ml)ワイドマウスを夫用に買いました

ハイドロフラスク

前回は、サーモスマグを紹介しました。

今回は、夫用のマイボトルを紹介します。

夫はハイドロフラスクを選びました。

カラフルで可愛いし、丈夫そう!夫がハイドロフラスクに決めた理由についてお伝えします。

広告

ハイドロフラスクを選んだわけ

ハイドロフラスク
ハイドロフラスクのindigoカラー

ハイドロフラスク12oz(345ml)を選んだ3つの理由!

  • 丈夫さ
  • 開け閉めが簡単
  • 保温保冷 です

アウトドアショップで見たカラフルなボトルがハイドロフラスクでした。

アメリカのブランドです。そのため、単位がozオンスです。

ハイドロフラスク
上から見た画

普段の使い方は、職場で使うのと、車中泊やハイキング時に温かい飲み物を入れるのに使います。

ワイドマウスなので、少し太目。夏場は、冷たい飲み物を作るのに氷を入れやすい。

耐久性のあるステンレスボトルで、丈夫です

普段使いから野外でも使えるデザインで、生涯補償つき。

できるだけ長く使えたらいいなと思います。

ハイドロフラスク
閉めたら赤のマーク

ハイドロフラスクは、フタに特徴があります。

回すだけで簡単に開け閉めできるタイプです。

写真は閉めた状態で、赤いシリコンが見えます。

ちゃんと閉じていれば中身は漏れません。

念のため立てた状態で通勤リュックに入れて持って行っています。

ハイドロフラスク
サーモスとハイドロフラスク

サーモマグのフタだと、カチッとボタンと留め具がついているタイプになります(写真の左)。

以前サーモスを使っていた時、これを壊したんですね。

何度もガチャガチャやったから汗

本人曰く、サーモスだとまた壊す可能性があるので、ハイドロフラスクにした理由のひとつ。

あと、ストラップがあって、持ち運びにも便利ですね。

ハイドロフラスク
日本語の説明

ノルウェーで買ったハイドロフラスクには、食洗機対応と書いてありました。

いちおう、日本語の説明もありました。

漂白剤を使用しない洗剤なら大丈夫そう。(自己責任でお願いします)

ハイドロフラスク
真空断熱ボトル(左サーモス、右ハイドロフラスク)

ハイドロフラスクの温度キープ時間は最強です。

  • 保温は12時間
  • 保冷は24時間

わたしのサーモスマグより優れている⁉ビックリ。

ハイドロフラスクの使用感

ハイドロフラスク
右がハイドロフラスク

ハイドロフラスクのワイドマウスは、口の部分が広くて飲みやすい

フタをスライドするだけなので、簡単

小さ過ぎず大き過ぎずなので、職場でコーヒーを入れて飲むのにちょうどいい大きさ!と言っていました。

ハイドロフラスク

マットな色に少しザラザラしたパウダーコーティングが施してあって、持ちやすいです。

サーモスマグと比較すると分かりやすいですね。

フタは、説明をよく読んで開けてください。

力でこじ開けると破損の原因になりますので。

ハイドロフラスク公式HP飲み口の開け閉め方

サーモスマグと同様、フタを分解して洗うのは面倒ですが、しょうがないです。

たまにしか分解しないけど(;'∀')

おわりに

夫用のマイボトルは、丈夫なハイドロフラスクにしました。

11色もあるので、お好きなカラーを選んでみてください!

重さはサーモスもハイドロフラスクも同じぐらいです。

サーモス200g、ハイドロフラスクは227gです。

わたしはサーモス派↓

 

ブログ村のランキング、ぽちっとお願いします(無料です)。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

-くらし, ギア