片付け

もったいない、捨てられなかった理由を考えた

北欧ノルウェーでシンプルライフを実践しています。

先日、夏用の登山ズボンを手放しました。

捨てるのはもったいないと思い、いったん保留していたものです。

もう悩まない。手放せたわけをレポートします。

 

広告

もったいない、捨てられない理由を考えた

まだ着れるかもしれない、とか、新しい服を買ってから捨てよう、などと考えていました。

「手放すから新しいものが入る」頭ではそう考えているはず(笑)

手放したのは、春夏用のコロンビアの登山パンツです。

最後に写真を、すごいしわしわ状態(汗)

コロンビアの春夏用ズボン

 

手放した理由は、

 

1.サイズアウトした

2.10年以上着用した

3.生地がごわごわ硬い感じがする

4.今シーズン履いていない

 

1~4の理由を順にみていきます。

 

1.サイズアウトした

最大の理由。パツパツになりました。

この状態では苦しくて歩けない。

体形が変わりました。

 

2.10年以上着用した

記憶だと2007~2008年、当時7000円ぐらいで購入しました。コロンビアの服にはまっていたころです。

生地は丈夫だし、コロンビアのコスパとクオリティはすごいです。

 

3.生地が硬い感じがする

生地が固い感じがするというのは、たぶん劣化だと思います。

 

4.今シーズン履いていない

上記の理由で、今シーズンは1度も履いていない。

 

現実とのギャップに気づく

書き出してみると、手放す理由がハッキリ。

頭で悩んでいるときは、現実との間にギャップ(Reality Gap)があるから。

捨てない理由を考えている時間のほうがもったいなーい!と気づきました。

 

✔今は1枚でなんとかなるけど、便利のほうがいい

Foxfireのズボン

現在、夏用登山ズボンはこちらの1枚です。Foxfireのズボンは速乾性があって動きやすい。

使ったその日に洗濯すれば翌朝には乾きます。

旅先で着替えがいるときは、秋冬用のズボンで代用して(ノルウェー北部は涼しいので)案外やっていけました。

なんとかなりますが、やっぱり夏用がもう1枚あるほうが便利なので購入したいと思っています。

 

最後に、次シーズンも着たいかどうか? 【今と未来】

最後の質問。その服を着た自分を想像してみる、または実際に着てみる。

 

「その服で歩きたいですか?ワクワクしますか?」

 

来シーズンも着たい!と思えなかった。

履き心地のいいズボンで歩きたい!

 

通気性がよく、歩きやすい登山ズボンを見つけたいと思います。

 

以上、手放すことがなかなか進まない理由には、現実とのギャップがある。

最後は、その服を着ている自分を想像して、明るい気持ちで手放せたという体験談を紹介しました。

 

 

登山ウェアはどんどん進化していて、機能性もデザインもよいものが出ています。ハイキング、登山、アウトドアウェアは、好日山荘がおすすめです。

 

関連記事です


片付けは自分と向き合うため【感想】

【手放したもの】縮んだセーター・ニット類を捨てる

 

 

ブログ村のランキング、ぽちっとお願いします(無料です)。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

にほんブログ村

-片付け

© 2021 まなさんぽ