暮らしの愛良品

やっぱり最強、Miele(ミーレ)掃除機|Complete C2 Eco Lineのレビュー

Miele ミーレの掃除機

dog-question掃除機を買いたい!普通の紙パック式のコードあり掃除機にするか、コードレスにするか、とても迷いました。

 

コードレスなら、見た目はスッキリ、ささっと使えて便利だけど、バッテリーの持ちや交換費用もある。

使いやすさはもちろん、耐久性、品質、吸引力もほしい!

 

実際に購入したのは、Miele(ミーレ)の紙パック式コードありの掃除機です。

 

高級家電のミーレはドイツ製です。

しかし、大きく、つまり重い

7キロあるので、掃除機の出し入れは重いでです。作業があまり苦にならないかたにはおススメです。

 

実際に使ってみると、吸引力、そして、ホコリ臭くならない点が好きです。

ミーレEco line掃除機のレビューを紹介します。

 

広告

ミーレの掃除機Complete C2 Eco Lineのレビュー

Miele ミーレの掃除機

 

使っている掃除機のモデル名はComplete C2 Eco Line。

型落ちモデルなので価格は2万円ぐらいでした。

重さは7キロで、ダストバッグは4,5L。

日本で販売さいれているモデルより少し大きめです。

 

カーペット、フローリング、タイル、ソファなど全部ミーレの掃除機で全部キレイにしています。

ただ、注意点がひとつ。カーペットを掃除するときは、端っこに髪の毛が残ることがあります!

パワーは6段階あり、場所や目的ごとに変更できます。

吸引力の強さも満足です^^

吸引仕事率は220W

吸引力はあるけど、、掃除機の音が大きいところがデメリット

付属のノズルは3つ

3つのノズルがついています。

内部のフィルター

1年半以上使っていますが、内部のフィルターもキレイです。

新しいダストバッグに交換

 

空気清浄機能がついているので、普段ホコリのにおいは気になりません。

数か月経ってくると少しホコリっぽいにおいがしてくるので、交換しています。

ダストバッグがたまっても、吸引力はほとんど変わりません。

 

交換前は、最後に玄関や靴箱の中をキレイにしてから捨てています。

フィルターも優秀で、フタがついてるので、ダストバッグを取り出すときホコリが舞いません

取り換えるときに、ホコリが舞うのがイヤなので、これは嬉しいです。

ダストバッグ4枚、フィルター入り

ダストバッグ4枚入り、1年間使えました。
250kr(日本円で2500円)

エネルギー表

 

ミーレ掃除機Compact C1 & C2

日本で販売しているモデルは、Compact C1 と C2の2つのタイプがあります。

値段は3万6000円から6万円(Miele公式オンラインストアを参考)です。

ミーレ掃除機Compact C1


ベーシックモデル

ダストバッグ3.5L
重さ6kg(本体4,6kg)
色は白と黒
白は直販限定カラーです

参考:https://www.miele.co.jp/

ミーレ掃除機Compact C2


ニオイを抑えるフィルター付きでペットを飼っている人むけのモデル

ダストバッグ3.5L
重さは6.4kg(本体4,5kg)
色はレッド

参考:https://www.miele.co.jp/

 

もしミーレの掃除機を家族にすすめるかと考えたら、健康状態にもよりますが、たぶん、おすすめします。

本体自体は重いですが、掃除機をかけているときの動きはスムーズです。

出し入れは重いですが、義母は70代までミーレの掃除機を使っていました。

 

ただ、腰や足が悪いかたや、段差や階段で持ち上げるのは難しいと思います。

その場合はコードレス掃除機の方が軽くて使いやすい。

 

ちなみにゴミは紙パック式が便利です。

サイクロン式掃除機はゴミ捨て、フィルターを掃除する必要があり、またホコリが散るし、また掃除しないといけません💦

ちょうど家族がサイクロン式掃除機に変えたので使ってみたら、手間とストレスがかかって大変だと思いました。

 

セントラル掃除機

ちなみに、前の家はこんな感じの掃除機でした。

セントラル掃除機(画像はお借りしました)

コンセントのようにホースを差し込んで、使う掃除機で、壁の中にある配管を通じて、倉庫にある大本にゴミがたまるシステム。

ノルウェーでは一般的な掃除機です。

長いホースを持って移動するので、掃除しにくかったです。

おわりに

憧れのドイツ家電、ミーレの掃除機を紹介しました。

吸引力、空気洗浄力、性能に満足。

長く使っていきたいです。

気になる方は、ぜひ売り場で手に取ってみてください。

 

-暮らしの愛良品
-

© 2021 まなさんぽ@ノルウェー