広告 日本

高速船で行く!沖縄美ら水族館とエメラルドビーチ:沖縄旅2日目

沖縄の旅行記1日目 那覇市内の観光の続きです。

2日目は、島北部にある沖縄美ら水族館とエメラルドビーチに行きました。

那覇から高速バスだと片道2時間以上かかるし、ツアーはいろいろ回るけど、人や時間が気になる・・

のんびり個人で行きたいなら、高速船が便利です。船なら渋滞もなし!

しかも片道1000円とお値段もリーゾナブル。では、お伝えします。

広告

那覇→本部へ高速船でGO

第一マリンサービス
ジンベエ・マリン

2日目は、美ら水族館がある本部(もとぶ)半島まで高速船で行くことにしました。

第一マリンサービスが、那覇と本部間を運航しています。

那覇は(とまり)から、本部の渡久地(とぐち)を往復するので日帰りもできます。

料金は、片道1000円。65歳以上は500円。とてもリーゾナブルです。

ジンベエ・マリン
船内は空いていました

船内はキレイで足元も広かったです。

トイレや荷物置き場もあります。

レンタカーやツアーで旅行する人が多いためか、高速船に乗っている人はとても少なかったです。

那覇から日帰りする場合は、次の旅程です。

往路:泊港8時30分発→名護→渡久地港10時30分着

復路:渡久地港16時発→名護→泊港18時着

  • 那覇市の泊港から名護まで75分
  • 名護で乗り降りのため20分停泊
  • 名護から渡久地港まで25分
高速船
行きは揺れた

船旅で気になるのは船酔いです。

大丈夫と思ったけど、行きは揺れて気分がわるくなってきた汗。

船酔い対策としては、1.酔い止め。2.遠くを見る。3.寝る。

酔い止めは飲まなかったので、わたしは寝ました!

バス移動とエメラルドビーチ

渡久地港から沖縄美ら水族館までは、5キロあります。

路線バスまたはタクシーでの移動になります。

船に乗っている人を誘ってタクシーで行こうと思っていましたが、今回はラッキーなことに、無料のシャトルバスを利用できました。

わたしが行った2月上旬は、花まつりが行われていて、シャトルバスが循環していました。

ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ
ホテル オリオン モトブ リゾート&スパで下車

水族館は?と外を見ていたら「終点です」と運転手さん。

いつの間にか、水族館のバス停を通り過ぎたようです汗。

終点のホテルで下車し、ホテルの方に「海沿いを歩けば7分で水族館に行けます」と教えてもらい、ほっとしました。

エメラルドビーチ
エメラルドビーチ

ホテルから海に出てみると、目の前がエメラルドビーチです。

水族館前で降りず、終点まで来てよかったー!!

国営沖縄記念公園エメラルドビーチ:グーグルマップをみる

エメラルドビーチ
透明な海

水が透き通っていて、とってもキレイでした。癒された~

ざぶんと泳ぎたかったけど、2月はまだ入水禁止と書かれていました。

ホテルのビュッフェ
ビュッフェランチ

時計を見るとお昼の12時前です。

水族館のレストランは混むだろうし、ホテルでランチを食べてから水族館に向うことにしました。

美ら水族館の滞在は15分

美ら水族館
ジンベイザメが有名

水族館のチケットは事前にコンビニやネットで購入できます。

船の移動中にスマホから買おうとしたけど、船が揺れるは、WiFiもつながりにくいはで、現地で買うことにしました。

水族館のチケット売り場でサクッとすぐに買えました。

美ら水族館
ハリセンボン

いざ入館するも、外にも観光客がたくさんいたけれど、館内もすごい人、人、人です。

中国の方が多くて、韓国もその次に多い印象です。

人気観光地は仕方ないんですが、みなさん声がとにかく大きくて頭痛がしてきました。

わたしは人混みや音が苦手(>o<)

旅行に耳栓を持っていこうと準備したのに、家に忘れる!あるあるです。

BOSEのノイキャンは持っていましたが、それでも音が聞こえてきてもう限界。

写真もほとんど取らず、駆け足で回りました。お土産ショップもスルーです。

沖縄美ら水族館
ウミガメ

やっと外に出れた~とカメ館でぐったりしてました。

マナティ、カメ、イルカは別館。

せっかく来たのでイルカショーも見たいけど気力体力を消耗し、ここでギブアップとなりました。

時計をみたら、15分しか経ってなかった。。

水族館は2時間はいる計算だったのですが、しょうがないです。

花まつり
辰年のフラワーアート

バス停に向かうとき、水族館の駐車場近くであった美ら海花まつりを見て歩きました。

本部花まつり
お見事です

辰年や海の生き物にちなんだフラワーアートが素晴らしかったです。

本部花まつり
カメさん

おわりに

帰りもまた無料のシャトルバスに乗り、渡久地港に戻りました。

出発時間までの1時間半、待合室でぼーっとしていました。

帰りの船は揺れずスムーズでした♪

Loop Quiet 耳栓
Loop Quiet

持っていくのを忘れたLoop Quietの耳栓です。

首里城と那覇市内の観光:沖縄1日目

あわせて読みたい

 

 

☆当サイトは広告を含みます☆

 

ブログ村のランキング、ぽちっとお願いします(無料です)。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村

-日本