広告 日本 海外

コペンハーゲン→羽田SASエコノミー搭乗記。特別食を頼んでみたら

スカンジナビアン航空

今回はスカンジナビアン航空 (SAS)を利用して帰省しました。トップ写真には薄っすら富士山が写っています♪

SASは北欧の航空会社。ノルウェー国内やヨーロッパ圏内ではよく利用しますが、日本便の長距離フライトになると、いつも他の航空会社を選んでいました。

その理由は、SASの長距離フライトはあまりいい評判を聞かないからです。

そういうわけで避けてきたSASの日本便ですが、航空券のセールに目移りし、今回はチケットをとったのでした。

では、SASのエコノミークラスの機内サービスと特別食の感想をお伝えします。

広告

SASエコノミークラスの飲み物サービス

スカンジナビアン航空
飛行マップ

スカンジナビアン航空のエコノミークラス(SAS Go)の搭乗記は、2023年12月の情報です。

SASのエコノミーは、無料有料の機内サービスがあることが特徴です。

無料のサービスには、最初の飲み物と食事2回が含まれます。

ん?他の航空会社と同じかと思われますが、無料は最初の飲み物のみです。それ以外の時間帯になるとエコノミークラスは、飲み物・軽食などは有料になります。

離陸したあと、水1本のサービスがありました。こちらも無料

念のため、わたしはペットボトルの水を2本持ち込んでいたので、13時間のフライトで飲み物は十分足りました。

SASスカンジナビアン航空
飲み物は3つまで

無料サービスでもらったドリンクです。3本まで無料で選べました。

左からスプライト、トニックウォーター、リンゴジュースをもらいました。(アルコールも可)

ちなみに食事(2回とも)につくコーヒー・紅茶は無料です。

この最初のサービス以外の時間帯は、メニューからアルコール・ソフトドリンクなどを購入するシステムになります。

SAS機内食は特別食を事前注文

SASの機内特別食
スカンジナビアン航空の機内食1回目

機内食は2回出ます。メニューは1種類のみです。

わたしはアレルギーがあるので、ベジタリアンを事前に注文していました。

特別食は、1400円(99kr)

前回、全日空で特別食を頼んだときは無料でした。

SASの特別食
スカンジナビアン航空の機内食2回目

こちらは2回目の食事(朝食)。

結論からいうと、頼まなくて良かったです。汗

バターやジャムはあるけどパンはなく(すごく固いクラッカーに無理矢理つけました)、オートミールはどう食べるのか謎でした。これで1400円は高い。

帰りの際は、特別食は頼まず、おにぎりなど食べれるものを持参しようと思います。

おわりに

スカンジナビアン航空の日本便に乗ったのは13年ぶりでした。

何だかんだ言っても、機内食は楽しみです。

前回は、ルフトハンザ航空と全日空の共同便の搭乗記と食事↓

あわせて読みたい
あわせて読みたい

トルコ航空でアップグレードされました↓

あわせて読みたい

 

 

☆当サイトは広告を含みます☆

 

ブログ村のランキング、ぽちっとお願いします(無料です)。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村

-日本, 海外