アウトドア愛用品を紹介

Tubbs(タブス)のスノーシュー|Journey 30とFlex TRKを紹介します【初心者、デイハイク用】

Tubbs(タブス)のスノーシューで雪道をウォーキング!

スノーシューは、装置すればあとは好きに歩けばいいだけ。

先日はとても天気がよく、スノーシューを持って、雪山ウォーキングへ行ってきました。

本記事では、Tubbsのスノーシュー【Journey 30とFlex TRK】を紹介します。

 

広告

Tubbs(タブス)のスノーシューモデル

スノーシューは初めてやるので、購入するときに考慮したことは2つ。

初心者でも使いやすい、デイハイク用です。

 

トロムソのスポーツ店で購入したTubbsのスノーシュー (2019年モデル)は、「Journey 30」と「Flex TRK」です。

 

▼フレームとグリップ(裏のつめ)が違う形になっています。

 

では、Journey30とFlex TRKのモデルをそれぞれ見ていきましょう。

 

Journey 30

  • 男性用
  • 約2万2000円(2000クローナ)
  • 長距離に適している
  • アルミフレームのスタンダードモデル
  • 重さ1,9キロ

夫用です。男性の方が体重があるので、アルミフレームのほうがいいと言われました。夫の体重は80キロ。

クランポンとブレードが2か所についています。

 

Flex TRK

軽量モデルのスノーシュー。

  • 軽量モデル
  • 約1万7千円(1500クローナ)
  • デイハイク用
  • 重さ1,8キロ

軽くて歩きやすいです。

グレードはフレーム全体についています。

 

Tubbsのスノーシューのレビュー

Tubbsのスノーシューは軽くて、雪道を歩きやすいです。

ポイント

  • かかとのストラップを緩みがないように固定する
  • ストラップがずれたり、外れたりしたことはない
  • ヒールリフト付きで、傾斜が登りやすい
  • 浮力が高い

普段履いているウィンターブーツに装着しています。登山靴でもOKです。

低山ハイキングで使っていますが、浮力、グリップ力、使いやすさ、満足しています。

 

その他のモデルとの違い(ストラップと値段)

他のモデルとの違いは、ストラップの調整方法にあります。

大きく分けると、2つに分かれます。

①ストラップを手で調整して締めるタイプ
②ストラップをダイヤル式で締めるタイプ

 

先ほど紹介したモデルと同様に、①は、ストラップをグッと引っ張って、手で調整するものです。

 

②は、ダイヤル式です。グローブをつけたまま、ダイヤルをくるくる回して、簡単に操作できることろが便利です。

 

ダイヤル式には、さらに2つあり「甲とかかと両方を締める」、または、「甲だけを締める」ものがあり、それぞれ値段が変わります。

 

脱着のしやすさ、使う頻度、予算で決めると良いかと思います。

1万円の差があったので、ストラップタイプにしました。

 

おわりに

Tubbsのスノーシューモデル2選、Journery 30と Flex TRKを紹介しました。

値段、デザイン、機能性で十分満足しています。

 

モデルの機能はだいたい同じですが、ストラップの調整方法によって、1万円前後の値段に違いがでます。

 

以上、スノーシュー選びの参考になればうれしいです。

 

スノーシューで雪山を登り、スキーで下るをしてみたい!

▼好日山荘
登山用品・アウトドア用品専門店の好日山荘《公式通販》

 

▼モデルの説明は英語ですが、値段は日本円。
>>Tubbsスノーシュー男性モデル

>>Tubbsスノーシュー女性モデル

 

 

ブログ村のランキング、ぽちっとお願いします(無料です)。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

にほんブログ村

-アウトドア愛用品を紹介

© 2021 まなさんぽ