ハイキング

トロムソからホェールウォッチングツアーに行ってきた

https://manasanpo.com

トロムソからホェールウォッチングツアーに参加しました。

目の前で鯨やシャチを見れて、感動です!

ホェールウォッチングツアーの内容、写真や動画をレポートします。

 

記事の内容
・Brim Explorerで行くホェールウォッチングツアー
・実際に見れたシャチや鯨
・ホェールウォッチングの方法

 

ノルウェー北部では、11月から1月または2月初旬にかけて、鯨を見れる時期。

11月になると、トロムソ周辺に鯨が来たぞーという目撃情報を聞きます。

だた近年は、時期が早まったり、徐々に北上しているとも言われています。

 

広告

Brim Explorerで行くホェールウォッチングツアー

出発予定時刻の15分前までに、トロムソ市内のクラリオンホテルEdge前に集合。

7時40分ぐらいに着き、最後のほうでした。

早く来た人から、案内があるので、眺めのいい席をゲットできます。

ボートは1~3階まであり、1階と2階は客室、3階は操縦室。

私たちは1階後方に案内されました。

朝8時、出発です。

 

みなさん、席につくと、マスクをとっていた

コロナ対策で、船内では席との間をとり、マスクを着用。

通常100名以上収容できるところ、今は半分の最大50名で稼働しているそうです。

 

ボートデッキでくつろぐ

トロムソからSkjervøyまでは、片道約2時間半かかります。

ガイドさんの説明を聞いたり、外で写真をとったりして過ごします。

船内には売店があって、飲み物や食べ物を買うこともできます。

私たちは、サンドウィッチ、ホットコーヒーと水、お菓子を持参。

トイレは1階と2階にありました。

 

ホェールウォッチング!鯨とシャチを観察

シャチのオスのグループに遭遇

いよいよ、Skjervøy(発音はシェルボイ)に到着!

最初に見れたのは、シャチです。

水面に出るときに、顔と背びれが見れるので、動きがわかりやすい。

なので、写真も撮りやすいです。

シャチの親子

▼子供のシャチも見えました~

オスはメスより、背びれがシャープで、形で判別できるとガイドさんが言っていました。

ツアーボートは、ハイブリッド式で、動物たちの近くになると、エンジンを消し、電気で動かしていました。静かに観察できます。

 

残念ながらピンボケ。いちおう鯨です

シャチの群れが通りすぎたあと、ザトウクジラに遭遇!!

2頭が水面に浮上、ブッシューと息を噴き上げます。

急に出てくるし、背びれが短いので、なかなかシャッターチャンスがつかめません💦難しいです。

うまく写真は取れませんでしたが、頭をにょきっと出したり、胸びれを出したり、楽しませてくれました。

 

しばらくすると見えなくなり、別の場所に移動します。

餌場があり、シャチが見えました。

おこぼれのエサを食べようと鳥が集まるので、スポットを見つけるときの手段になるそうです。

すると、シャチだけではなく鯨も現れました。▼動画の24秒ごろです。


 

最後には、シャチと鯨を一緒にいるところを観察できました!

動画後半、シャチがボートのほうに近づいてきて、なぜかホッホッホと言っております笑
 

観察時間は約1時間半

シャチと鯨を肉眼で見れ、とても感動しました。

Skjervøyでのウォッチング確立はかなり高いそうですが、
「一緒にいるところを見えたのはとても運がいいね」とガイドさん。

 

帰りも2時間半、トロムソには午後3時ごろ帰りました。

トロムソで鯨を見るには

「鯨を見たい!」という方、2通りの方法があります。

 

その①トロムソからツアーに参加する

その②トロムソからSkjervøyに行き、現地でボートを借りる。または、Skjervøyでツアーに参加する

説明します。

その①トロムソからSkjervøyまでの送迎込み、ボートで行くツアーが一般です。

BookPointというツアー手配をしている会社と、観光オフィスでツアー情報を収集しました。

今年はコロナで、多くのツアーが中止しており、ホェールウォッチングをやっているところは2社。

 

Polar Adventures(小型ボート)
Brim Explorer(大型ボート)

 

小型ボートのほうが料金高めで、20,000円(1750kr)で、食べ物も含みます。

 

大型ボートのほうは、13,000円(1118kr)←1450krから25%オフのキャンペーン中でした!食事はオプション。

(大人ひとりの値段です。子供は半額)

 
私は、大型ボートのツアーに、ネットで申し込みました。

料金をカードで支払うと、QRコードが送られてきます。当日は見せるだけです。

ちなみに、ガイドは英語とノルウェー語です。
 
 

その②トロムソからSkjervøyまで行き、(車で行くなら1時間半ぐらいかかります)

現地でボートを借りる方法です。

自由度がありますが、場所に詳しい必要があります。

または、現地のホテルでツアーかボートを手配してもらうこともできます。

(現在は現地ツアーはなかったです。情報は確認してください)

 
事前に、Skjervøyの天気予報を確認しましょう。

 

 

船酔いは大丈夫かなと思っていましたが、、行きは眠くて、少し仮眠をし、
観察中は興奮しており、帰りもときどき寝ていたので、船酔いはしませんでした。

ホェールウォッチングツアー、とっても楽しかったです!

 

レポートは以上です。

 

ブログ村のランキング、ぽちっとお願いします(無料です)。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

-ハイキング
-

© 2021 まなさんぽ@ノルウェー