ノルウェー暮らし

【バイトの体験談】トラブルは焦らない、怒らない

トロムソに住んでいたとき、飲食店でアルバイトをしていました。

ある日、お店の食洗器が壊れて、水浸しになるトラブルが起きました。

わたしは、「どうしよう!」と慌てていましたが、周りは誰も焦っていません。

普段と同じ。

え?何で!と不思議でした。

冷静なところはノルウェーらしいと思うので、体験をお話します。

 

広告

【バイトの体験談】ハプニングは焦らない、怒らない

その日は、早番で7時半に出勤。

わたしと同僚の2人で開店の準備を始めたところ、足もとがなんか変だと思って下をみたら、水浸し。

その先には、食洗器があるウォッシャールーム。そこから、水があふれくる。

 

急いでどうにかしないと!

お店の準備もしないといけないし、営業時間に間に合わない!

焦って、ぷちパニックでした。

 

飲食店はショッピングモール内にあります。

向かい側は薬局で、シャッター越しに店内を見ると、すでに水が浸入しています。

 

店長に電話すると、清掃から人を呼ぶから心配しないでいいと言います。

この状況で心配しないでいいの⁉

 

セキュリティのお兄さんがやって来て、「Van går ned」水が下の階=駐車場がある方に行ってると言います。

分かってるよ~と同僚とわたしは、とにかく何とかしようと、ほうきと塵取りで水をかき集めようと苦戦します。

 

40分後、清掃係のお兄さんがフローリングをキレイにする洗浄機に乗って登場。やっと来たー!

機械は早い。どんどん水を吸い上げていきます。

向かいの薬局内も、階段下も無事にきれになりました。

ぎりぎり開店時間に間に合い、ほっとしました。

 

そして、肝心の店長は通常通り10時出勤。

「大丈夫だったでしょ」と、焦りの欠片もありません。

「食洗器の修理も呼んだ」と一言。

もっと早く来ると思っていた私は目が点👀に。

なんで焦ってないの❓と不思議でしかたかなったです。

 

そのあと仕事をしながら、考えて気づいたのは、薬局の人も、セキュリティの人も、清掃の人も、誰一人文句言ったり、焦ったりしていなかった。

 

周りに迷惑だと思っているのは、わたしだと気づきました。

自分が困ったと思っているから、困ったことになるのか?そういうことか⁉

ただ機械が壊れたという事実があり、それに対処するだけのことをした、という風に見えました。

 

おわりに

ノルウェーでは普段、感情的に怒ったり、話したりする人はほぼ見ないです。

お店の人もお客さんも対等です。

接客はさらっと対応、イヤな感じはしません。

お店に入ると、ニコっと笑顔。何か探し物があれば、話します。

見てるだけと答えると、ご自由にと、ほっといてくれます。

 

そういえば、バイトで注文を間違えたり、遅れたり、品切れしたと言っても、店長に怒られたこともないし、クレームをつけるお客さんは見たことがなかったなぁ。

平和です。

体験談は以上です。

 

ブログ村のランキング、ぽちっとお願いします(無料です)。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

にほんブログ村

-ノルウェー暮らし

© 2021 まなさんぽ